--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2008.11.05 15:33

愛くるしさ満杯だった子猫ずは、現在六ヶ月v

最近は体も性格も、ふてぶてしさがアップして圧倒される日々です。

CA380176_convert_20081105151500_20081105153213.jpg
(ふてぶて猫代表、牛丸)

ふてぶてしい猫さんは私の好みなので嬉しいんですけどねv

甘えんボーイズ4は最近ちょっぴし、おやじっぽくなってきました(笑)


<飼い主さん探し>で

「私も運転免許をもっていたら、主人が仕事で休めない日も

希望の方のお家に、子猫を連れて行ってのご対面とか

アプローチの方法を増やせたかな?」と心残りで

・・・もともと両親の用事の手伝いで運転免許が欲しいと思ってましたが

今回のことで決心して、実はこの歳で自動車学校に通ってます。。

ええ、「きゃー!きゃー!」言いながら教習中です(泣)

体が動いてくれないものですね・・・この年齢だと。。

もともとトロいんですけどね。。


そして念願の広いお家に引越しができたら、

四匹にのんびり暮らしていただきたいv

もちろん四匹の暮らしを守るのが大前提ですが、


もし、もしもまた主人がダンボールを抱えて帰ってきたら・・・

我が家は既に、定員オーバーなので

意地でも子猫の幸せのために

新しい飼い主さんを探してあげなければなりません!(泣笑)

というわけで念のためメモ程度でも記録を残しておこうと

ブログにアップさせていただきましたv

これからはこのブログも猫生活中心の日記ブログにリニューアルします。

もしよろしかったら、またお立ち寄りくださるとうれしいですv

いままで読んでくださった方ありがとうございましたv


                                    管理人たんぽぽ

スポンサーサイト

| 子猫育児と飼い主さん探し顛末記 | コメント(5) | |

2008.11.04 16:23

ロシアンをお渡しした後、再度募集をしました。

しかし、ご縁へとつながる事無く子猫たちは五ヶ月に。

大きくなって嬉しいv

しかし貰いやすさを考えると、もう大きすぎるかもしれない。

それに世話はもちろん一匹より大変ですが、

四匹一緒の面白さが楽しくて

夫婦で話し合った結果、四匹を家族に迎えようと決めました。

もちろん、四匹のために環境や生活を変える必要が出てくるのですが

只今少しずつ進行中v・・・のためちょっと多忙な日々を送ってます。

顛末記を読んでくださった方々、内容薄くてすみません。

飼い主さん希望の方へのお願いを

今度は私達が守っていけるようにがんばります。

というわけで、主人がこんなものを・・・。

CA380171_convert_20081103162251.jpg
・・・裏紙に書くんかい!

名前が決まったので名前入りの首輪を用意する予定v

というわけで首周り測定をと試みたものの・・・。

CA380079_convert_20081103154002.jpg
メジャーを奪われ・・・。
CA380080_convert_20081103154053.jpg
とりかえすも、追っかけられ・・・。
CA380082_convert_20081103154906.jpg
捕まり。。
CA380086_convert_20081103155150.jpg
牛丸ににじり寄られ・・・(近すぎ)。
CA380084_convert_20081103155012.jpg
気をとられていたら小鉄に奪われ・・・。
CA380055_convert_20081103153523_20081103162619.jpg
いったん諦めてケージに入れようとすると、キャットタワーに篭城され。。
CA380102_convert_20081103155732.jpg
大福も、
CA380144_convert_20081103160123.jpg
牛丸も、
CA380115_convert_20081103155834.jpg
小鉄も、
CA380097_convert_20081103155644.jpg
空も、
CA380068_convert_20081103154759.jpg
これからもずっと、よろしくねv

| 子猫育児と飼い主さん探し顛末記 | コメント(2) | |

2008.11.03 15:52

「一度、子猫に会っていただけますか?」

初対面の方だとしても、結局お家に来ていただくしかない。。


「えぇ!知らない人の家にいきなり~?」

と、逆の立場だったら思うのですけど

写真とイメージが違っていたり、性格がもうちょっと大人しいのがいいなとか、

実際子猫に会ってみて初めて判ることがあると思うので

「絶対貰って帰ってね!」ではなく、

一度会って考えてもらって、「うーん違うなぁ。。」と思われたら

遠慮せずに断っていただいて結構ですよvというスタンスで

はじめてみました。


※実際来ていただけのは三件の方ですv

気になる子猫がダブってしまったり、体調に黄色信号でお渡し日が未定になる子猫がいたり、

「すぐに子猫を受け取りたい。」とおっしゃる方など

申し訳ないのですが、ご希望に添えない場合がでてきた結果の数字です。

お問い合わせの数から、手順が進むにつれて件数が減るのは当たり前ですね。。

お問い合わせのあとは、子猫とのご縁ですから祈るのみです。

だから、早めにあらゆる手段を使ってアピールして募集!

これにつきるのでしょう。


飼い主さん探しは、子猫育児とは全然方向の違う

パワーとフットワークの軽さが必要だと気付きました。

新人の芸能人を売り込むマネージャーのような作業。(笑)

それと、主婦的反省は

お客さまが、いついらしてもいいように家を掃除しておくこと(笑)

目先の生活のことで一杯一杯で家の中のことにあまり気を使えてなかった私。

神様が、

「重たい腰を上げて、色々チャレンジして、ちゃんと生活を楽しめよ!」と

伝えるために五匹の子猫を預けたのかもしれない

なんて思ってみたり・・・。


最終的に、一番最初にご連絡いただいた方がロシアン(現在ロッシーちゃん)を

新しい家族として迎えていただけることになったのでした。


IMG_1747_1.jpg
ケータイを「あががが。」
IMG_1745_1.jpg
「えっ!新しいお家決まったの?」
IMG_0405_1.jpg
「ほっ?」
IMG_0469_1.jpg
「え?」
IMG_2149_convert_20081103092547.jpg
「ええ~?」
IMG_1314_convert_20081103092331.jpg
白だけは「俺の方が愛くるしいはずなのに!」
とハンカチを口でひっぱってくやしがり・・・。
IMG_1897_1.jpg
ロシアンは新しいお家にどきどきなのでしたv

| 子猫育児と飼い主さん探し顛末記 | コメント(0) | |

2008.11.01 22:00

正直のところ、「飼い主さんを探すぞ!」という気持ちより

「果たして、知らない人(しかも勤務先も知らない一個人)の”飼い主さん募集”に

問い合わせしてくださる方はいるのだろうか?」という不安が一杯でした。

逆の立場だったら・・・うーん。少しドキドキですね。

「しかもよく知らない初対面の人から、色々飼育条件の約束をお願いされ、

譲渡契約書まで書かされたら?」

逆の立場だったら・・・「はい、この子猫です。差し上げます。」

で終わる方が気が楽ですよね。。

説明させていただくには、何度かやり取りが必要になってくる。

そう、私達が望む「飼い主さん募集」のやり方では

時間が掛かるのです。

ここで再度自戒をこめて・・・。

募集は早めにですね。。


※三回の募集掲載の結果、ケータイメールで六件・お電話五件・パソコンメールで二件の

お問い合わせをいただくことができましたv


~掲載当日~

<お問い合わせ・携帯電話編>

朝に、二件お電話とメールでのお問い合わせが二件

なんと、私はこのお電話を取り逃すのです(泣)

がーん。。自己嫌悪です。。

ケータイだから、お問い合わせの電話とは限らないし

掛けなおしてみようかどうか(泣)

反省。。

すぐにケータイの留守電応答を自作。

「はい、○○です。」と苗字を名乗り、

「新聞に載ってた電話で間違いないですよv

よろしかったら、かけ直しますので留守電にメッセージ残してくださいねv」

とアピールしてみました。

すると二回目の募集では二件の方がメッセージを残してくださいましたv

・・・最初に気付こうよ私。。

<お問い合わせ・メール編>

「飼い主さん希望の方へのお願い」や「譲渡までの流れ」の記事をブログに載せた後、

私は少し安心してしまっていました。


しかし、新聞を見てお問い合わせくださった方は

パソコンをされてない方が半数以上だったので

電話口やケータイメールの方の返信に、長々とお伝えするのは難しく・・。

私だって今回のことがなければパソコンはあんまり触らないタイプだったし。。


「よろしかったら、一度見に来ていただけますか?それぞれ性格も違いますし。」

電話でのお問い合わせも、メールでのお問い合わせでも

結局このセリフを言うのが精一杯なのでした。。



その頃四ヶ月目が近づく五匹は・・・。
IMG_0391_1_convert_20081101155517.jpgIMG_0390_1_convert_20081101155454.jpgIMG_0386_1_convert_20081101155425.jpg
大きくなっても相変わらず、ちゅばる二匹。
白、顔怖いよ・・・。
甘えてるのか呪っているのか判らないじゃないですか。。

IMG_0486_1_convert_20081101155546.jpgIMG_0488_1_convert_20081101155632.jpg
こちらは元気に取っ組み合い。
IMG_1856_1.jpg
ちょっと女の子らしさが際立ってきたロシアンは・・・。
IMG_1857_1.jpg
「うわー。やーね。。」と同級生の男子に顔をしかめる女子な感じ。
IMG_1843_1.jpg
たまーに猫の集会?あら白は?
IMG_1876_1.jpg
さっきまで、ちゅばってた癖に偉そうな態度の白でありました。。



| 子猫育児と飼い主さん探し顛末記 | コメント(4) | |

2008.10.25 16:36

飼い主さん募集用の写真も撮って、子猫の紹介文も考えた!

しかし、掲載依頼にたどり着くまでに

もう一つ決定しなければならないことが。

それは、

◇新しい飼い主さんに、飼育環境・飼育方法などのお願いをどこまでするか。

実際保護されて飼い主さん募集をされてる方のサイトをうろうろしてると

多くの方が、完全室内飼い去勢・避妊手術をお願いされてました。

手術は聞いたことがあるけれど、完全室内飼い?

私の子供の頃は、猫はほとんど自由に家を出入りしていたので

猫の飼い方も最近はずいぶん変わったんだとビックリ。

でも猫さんにとってみれば、実は広さより高さが欲しいとのこと。

だから人間が考えるほど不自由ではないらしい。

むしろ交通事故や連れ去りや病気の感染が心配。

手術はオス猫も行えば、野良のメス猫が度重なる妊娠の疲労で死んでしまうことも

我が家の五匹のように濡れ鼠のような姿で死ぬのを待つ子猫たちを減らすことができる。


地域・個人で色々考え方があると思いますが、

私達はこの二つを基本に飼い主さんにお願いすることにしました。

・・・子猫がうちに来て忙しいけど楽しかったのですが、

飼い主さん探しをして、色々飼育方法を調べていくうちに

今、猫という生き物が置かれている厳しい状況を知ることになりました。

しかし、ここで凹んでいるわけにはいきません。

うちには力をもてあました腕白チームがいるのですから!

CA380125_convert_20081025092951.jpg
只今探検中。
IMG_1547_convert_20081025093217.jpg
「また写真とるの?」
うん、遊びながらでいいよ。
IMG_1505_convert_20081025093426.jpg
白・・・宇宙人?
IMG_1524_convert_20081025093616.jpg
黒は若干おもちゃに対してニブイのですv
IMG_1606_convert_20081025102040.jpg
喰らいついたら放さないのは、このお方。
IMG_1607_convert_20081025102342.jpg
うがががが!
IMG_1579_convert_20081025102515.jpg
怖いよ・・・濃トラ。。
IMG_1639_convert_20081025102758.jpg
新たな物体を発見した白は
挨拶代わりにガジガジガジ
IMG_1655_convert_20081025103009.jpg
「何これ?」
これは保父さんの、四匹猫飼ってる親戚の方からいただいたのv
IMG_1552_convert_20081025101722.jpg
「いい人だねv」と薄トラ。
CA380011_convert_20081025101421.jpg
二回目のチクン!のための運搬器具だとは
五匹は知る由もなく。

二回目ワクチンを済ませ、ほっとした保父保母とは反対に

テンション低い五匹の記念撮影なのでしたv


このとき、久しぶりに体重を量りました。
白2.2kg
黒2.5kg
濃トラ2.4kg
薄トラ2.4kg
ロシアン1.9kg

全員2kg前後になってくれてて、とてもうれしかったです。

| 子猫育児と飼い主さん探し顛末記 | コメント(4) | |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。